店長ブログ

白隠正宗 山廃純米と 初亀 純米吟醸亀丸生酒

DSC03354.jpg

本日の晩酌、利きくらべに白隠正宗 山廃純米酒と初亀 純米吟醸亀丸生酒を飲みました。

個性がまるで違うお酒で白隠の方は濃厚な味わいで舌にピリッと辛みがあるお酒、お米のふくよかな甘みも感じられる濃醇辛口酒sign03

初亀は口に含むと新鮮な果実香がはっきりと解りその後お米の旨みがバランス良く溶け出したフレッシュな淡麗辛口酒sign03

ひものと良く合うお酒として地域の食文化とマッチする食中酒に大変合う白隠。「吟醸王国静岡」の代表ブランドを確固たる物にした初亀。

静岡地酒の奥深さがまた感じられたひとときでしたfuji

 

DSC03355.jpg

 

高嶋酒造訪問

DSC03313.jpg

昨日静岡県沼津市原に蔵元を置く高嶋酒造㈱さんに新規取引をお願いしたくお邪魔してきました。土曜から降り続いた雪の為交通渋滞が予想されましたがなんとか無事に着きました。蔵元に着きいよいよ社長さんと対面sign02「おぉ体でけぇ」と自分を差し置いて第一印象思いましたm(__)m 社長さんが蔵に入るきっかけ、東京農大を出て自蔵に入る前に「開運」の土井酒造にて酒造りの体験などを経て先代の酒造りと高嶋酒造の歴史を受け継ぐ覚悟を初めから自分流の酒造りを目指してきたきっかけなどを話してくれましたsign01 真の地酒とはなんぞやsign02その地域の気候、土壌、食文化などを考えそれに合う酒質、地元沼津では古くからひもの文化が盛んで全国でも有名な特産品。それに合うお酒造りを初めたまさに地域密着型の地酒ではと思いました。あえて静岡型のお酒を目指すのではなく高嶋流の酒質で勝負sign03 その酒造りに甘んじず常に新しい酒造りを追い求める高嶋社長、若さとバイタリティーあふれるものをお話の中で感じました。社長兼杜氏もこなす高嶋社長、仕込みの大変お忙しい中時間を割いていただき誠にありがとうございましたm(__)m

(同じ様な体系ですが右が高嶋 一孝社長)

 

由比の英君

DSC03266.jpg

先日入荷しました由井の「英君 特別純米 袋吊りしずく酒」を早速頂きましたdelicious  うちの奥さん曰く「ヨーグルトの香り」がするとの事どれどれ「ん~確かに」。すっきりとした喉ごし、鼻に抜ける酸味。袋吊りしずく酒とは日本酒の鑑評会などで出されるお酒。醪の入った袋を吊るし圧力を掛けずに自然に垂れ落ちてくるしずくだけを集めた贅沢なお酒sign01 

今日のあてには深海魚の「メヒカリ」の干物。以前戸田で食べた時には「トロボッチ」とメニューにありました。これが中々の珍味。ししゃものようなカインカイにもにた味わい。一度お試しあれsign01

 

新たな店の看板

DSC03208.jpg

本日取り付けました八木酒店の看板sign03

知り合いの大工さんに頼み去年の暮れから制作してもらった竹の飾りと提灯の屋根shine

提灯も目立つよう大きいのを注文し新たなる店の看板が完成致しました。

小さめのたぬきさんが寂しいですがオブジェになる物を探して今後飾りたいですshine

 

新年明けましておめでとうございます

DSC03182.jpg

新年あけましておめでとうございます。新春初のブログ、豪華おせちと「初亀 純米大吟醸 滝上」を味わいましたsmile

新年も元旦から仕事はしており午前中に配達を済ませ、お店も午後3時まで営業しました。

さーお楽しみの豪華料理と日本酒で新年をお祝いしますfuji 料理もおせち、カニ、伊勢海老、鯛と正月の為に熱海銀座の「山洋水産」さんにたのみ用意してもらいました。どれも本当においしい年に一度だけの贅沢な料理。その料理に合わせました「初亀 純米大吟醸 滝上」穏やかな吟醸香でコクと旨みが際立つ味わい、食事とのバランスも非常に良くクイクイと杯が進みましたdelicious

 

八木鳥屋で忘年会はいかがですか?!

DSC03143.jpg

今年も残すとこあと20日前後、一年もあっという間に過ぎましたsweat01

当店横に併設しております居酒屋「八木鳥屋」も今月25日で開店はや4年目、お客様に支えてもらい感謝で一杯です<m(__)m>

小さな箱ならではの人と人の和やかな雰囲気をいつも見させて頂いておりますhappy02

師走の忙しい時期ではありますが一休めの時間には是非お立ち寄り下さい。

 

初亀 本醸造 荒ばしり

DSC03144.jpg

昨日の晩酌に選んだ初亀 本醸造 荒ばしり と酒のあてにはいつもお世話になっています当店近所のひもの屋さん山佐商店のいかのめぼうsmile

やはり初亀は裏切らないsign02「旨いっ」とぐいぐいいってしまった。うす濁りになっており若干滓が混じっている分旨みをもろに味わえます。爽やかに口に広がる炭酸がしみる若々しくフレッシュな味わいです。お酒を搾った時に最初に流れ出たお酒だけを使う「荒ばしり」そのなの通り荒々しくもあり新酒ならではの季節限定のお酒を是非味わって下さいsign03

 

南熱海お宿フェスタ

20130929_430319.jpg

11月30日(土)と12月1日(日)の二日間、長浜海浜公園で行われている「南熱海お宿フェスタ」。

南熱海の各旅館が腕を振るった料理を海のまじかで味わえる贅沢な企画restaurant新鮮な海の幸から旬の山菜、絶品グルメが勢ぞろいですsign01

今回の企画はお鍋料理spa普段食べられない贅沢な鍋を気軽に食べられるので是非味わってみて下さいsign01

20131130_121737.jpg   こちらは本日のお弁当でしたrestaurant

 

林 本店社長ご来店

DSC03135.jpg

当店取り扱い銘柄、「百十郎」の蔵元岐阜の㈱林 本店からお越しくださった林 里榮子 社長shine 今回伊豆の酒屋さん周りで販売店一軒一軒自ら足を運んだようでしたsweat01 今年で「百十郎」の販売が2年目なるとの事でした。「百十郎」のコンセプトとして毎日気軽に飲める酒とあり、コストパフォーマンスもあり味わいも切れのある辛口で料理との相性も抜群なお酒。 ラベルは迫力ある歌舞伎のメイクimpact

林 社長の日本酒に対する姿勢、なみなみならぬ努力、みなぎるパワーを感じましたsign01

今後より日本酒の活性化を目指してわれわれ酒屋も蔵元一体となりより多くのお客様に日本酒の素晴らしさを広めていこうと感じました。

 

 

 

 

 

 

喜久酔 フツウシュ といかの味りん干し

20131123_010044.jpg

昨日の晩酌に選んだ喜久酔 フツウシュ といかの味りん干しdelicious

青島酒造の日本酒に対する意気込みを知るならまずフツウシュを見て下さいsign01一升瓶1,890円とこの味でこの価格はうれしいsign01全国にファンが多いのも納得できる一本

お米の甘み旨みがしっかりとありキレも良くスイスイといけてしまう飲みやすさ、冷から燗まで幅広く楽しめます。常温からぬる燗が自分的には好きな温度帯。どんな料理にも合うお酒です。

 

« PREV 1  2  3  4  5
ページ上部へ